★公認会計士試験では過去問を有効活用し効率的に勉強しよう!!★

試験で一度出た問題は繰り返し出てこないので、過去問をやることは無意味だという意見をよく聞きます。しかし、問題の本質的理解や効率的な学習の観点からは過去問を利用した方が良いです。たしかに、公認会計士の資格予備校の答練も過去問等をベースとし、現在のトレンドを考慮して作られているので、それだけをやればいいと思いがちです。しかし、公認会計士試験に実際出た問題を取り組み、「どこの分野を問われているか」、「どのような聞かれ方をしているのか」というのを肌身で感じ自分なりの対策をとる必要があります。公認会計士の資格予備校の先生方もこのようなことを言うと思いますが、実際に過去問をやらないと実感できないものです。そして、公認会計士試験に合格している人の多くは過去問分析を怠りません。自分の実力と立ち位置を把握するために、過去問をやるタイミングは早ければ早い方がいいです。ただし、早すぎると習ってない論点があるので上級期の初めに一回さらっと見ておいた方が良いです。わからない箇所も多いと思うのでしゃにむに解くのではなく、どこの論点が出ているか、どのような問われ方をしているかを抑えて、上級期のインプットに生かせるようにしましょう。また、過去問は5年分ほど見ておくことをおすすめしますが、改正されている箇所もあるので注意してください。公認会計士の過去問は、インターネットでは会計人コース等のホームページに掲載されており、また市販でも問題集として販売されています。お金は掛かりますが市販の場合は、改正等も考慮して作成されており、詳しい解説もあるので便利です。

公認会計士 過去問はコチラ

公認会計士攻略ガイド※適切な試験対策で最短合格を実現

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>